理事長所信

はじめに

今、青年期を生きる私たちは、この米沢青年会議所で何をするべきであろうか。ふとそのような事を思う時、私は時代の流れを考えます。それは社会・経済・人、様々なものに時代の流れがあり、その流れとは人それぞれで感じ方が違います。そして、その時代で変わるものはありますが、変わらないものもあると私は考えます。そのうえで、私が思う米沢青年会議所でするべきこととは、本当の仲間を作り、地域社会のために一生懸命になり、そして多いに語り合うことだと考えます。そのことが青年会議所の信条である友情・修練・奉仕であり、明るい豊かな社会の創造に繋がると信じます。

 

明るい豊かな社会を創造できる者は明るく豊かな人

我々米沢青年会議所は、明るい豊かな社会を築くために活動しています。広報・会員拡大・ひとづくり・まちづくり・地域活性の事業を展開する中で、まずは我々が活動したいと思える環境を作り、そして同じ志の仲間を増やすことで発信力を持ち、それにより我々を知ってもらい、さらにひとの心を育み、そのうえでまちづくりをすることで地域活性に繋げていると考えます。このことから青年会議所活動の基となるのは会員室であり、我々が明るく豊かな人になることが明るい豊かな社会を築く運動の第一歩ではないでしょうか。また、より多くの経験・情報を得るために、他LOMを含め他団体との交流が大切です。多くのメンバーが積極的に交流できる機会を作ることから資質の向上へつなげ、心が豊かな人を育てることが必要です。

その明るく心豊かな仲間を一人でも多く増やすことが会員拡大の本当の目的であります。ただ会員を増やし大きくしても中身が空っぽであれば、その先に明るい未来はありません。志を同じくする仲間を作ることが大切であり、そのためには積極的に参加したいと思える機会を作ることが必要です。

明るく心が豊かな仲間が増えることで発信力を持ち、それが影響力となり、その先には必ず、より明るい豊かな社会を創造できる米沢青年会議所があると私は信じます。

 

心で語る宝作り

ひととは地域の宝である。これからの未来を担う子供たちは言うまでもなく地域の宝です。我々青年は地域を動かす地域の宝です。我々の先輩は今の地域を引っ張る地域の宝です。年配の方は多くの知識と経験を持つ地域の宝です。そう考えると「地域とはひとである」そして、「ひととは地域の宝である」と言えるのではないでしょうか。我々は地域で一番大切な宝を創っているのです。我々も地域の宝の一つであることを理解し、自信と情熱を持って心でひとづくりに取り組み、ひとの心を動かしていきましょう。情熱を持った心でひとの心に語り掛ければ、その先には必ず、光り輝く地域の宝が生まれると私は信じます。

 

温かく活気溢れる命

シャッター街を歩くと冷たく寂しい気持ちになります。人がにぎわっている街を歩くと活気があり生き生きしているように感じます。このことからまちとは無機質な物ではなく我々人間と同じ生命体であるのではないかと思います。そして、まちの命がある限りまちづくりは終わらないのです。急激にではなく一歩一歩進み、長い目でまちづくりを考える必要があります。

ひとの成長とは周りからの影響を受け、自分自身の全てが少しずつ大きくなります。それは身体であり、考え方であり、心であります。このことがまちにも当てはまるのであれば、まちづくりとは心で心を動かすものであります。我々青年が情熱を持って、まちにある人、自然、文化、歴史、建物全てを巻き込んだまちづくりをし、まちの心を動かすことで、その先には必ず、温かく活気溢れるまちに成長すると私は信じます。

 

生き生きとした創造的な社会

地域活性化とは何か。私は地域活性化とは地域にある資源を活用し新しいものを生み出すことで地域の持続性を高めることだと考えます。地域の資源とは人であり、ものであり、文化や歴史であります。こられを活用しこの地域の未来を考え、地域のために新しいものを創造し、地域を存続させるよう努力することが大切です。地域を動かすのは青年である。この考えを基に、我々が地域の若者を動かし、地域に住む人々を巻き込み、地域の文化や歴史を活用し、県内外へ新たな魅力を発信していきましょう。その先には必ず、生き生きとした創造的な社会があると私は信じます。

 

米沢らしさにこだわる

2018年度は米沢青年会議所が主管する山形ブロック大会があり、この大会の成功とはこの地域に公益をもたらし、そして米沢青年会議所が更なる成長を遂げることであります。そのためにまず、我々メンバーが一致団結する必要があります。我々メンバーの気持ちを統一するために、そして多くのメンバーが参加するよう、心から楽しいと感じられる青年会議所活動にします。そして本当に心から楽しんでいる我々がリーダーとなり、地域を巻き込んだブロック大会を開催します。また、物事に限界を決めず、我々なら「できる」ということを信じ、何事にも恐れず、能動者たる気持ちで一生懸命取り組み実現することで、米沢青年会議所らしい大会にしていきます。その先には必ず、地域の公益と米沢青年会議所の成長があると私は信じます。

 

おわりに

私にとっての青年会議所とは本当の仲間ができ、自己の成長となり、心が豊かになるところであります。本当の仲間と活動することでどんな困難も乗り越えることができ、厳しい現実も明るい豊かな未来に変えることができるのです。また、青年会議所は40歳で卒業しなければなりません。そして、40歳くらいまでの経験が大人としての人格を創るものだと考えます。この長いようで短い時間を本当の仲間と共に一生懸命楽しみ、奉仕の心で一生懸命取り組み、一生懸命自己を磨くことで地域のリーダーになることができるのです。この理念の基、米沢青年会議所の活動を行い、内側から楽しくすることで、明るい豊かな未来を発信していきます。

 

公益社団法人米沢青年会議所
横山 直人